【機能】KANAMETOの機能一覧

LINEを活用したDX推進に必要な機能が満載!
便利な新機能も続々追加中

KANAMETO PUSH

よりユーザから求められる効果的な情報の案内を実現

KANAMETO TALK

有人チャットを通じてユーザとのコミュニケーションを活性化

管理機能

組織でLINEを活用するために必要な管理機能を搭載

KANAMETO PUSH

ユーザのニーズに合わせて適切な情報を分かりやすく案内します
地方自治体・学校・企業の「顔」となるLINE公式アカウントの運用をサポート

動的リッチメニュー

動的リッチメニュー

LINE公式アカウントを開いて最初に表示されるメニュー画面を、最大で12分割で設定できます。さらにタブをタップすることで、最大3つのリッチメニューを切替え表示できます。

アンケート

アンケート

LINE上でアンケートを実施し、ユーザから手軽に情報を聴き取ることができます。ユーザの属性情報に基づいて、セグメント配信が可能です。インターネットアンケートのツールとしても利用可能です。

アンケート言語の切替え

アンケート言語の切替え

アンケートは英語、中国、韓国語に対応しており、外国人ユーザの属性情報取得が容易です。

セグメント配信

セグメント配信

アンケートの回答に基づきセグメントを作成し、ユーザのニーズに合わせて情報配信できます。複数の属性をクロスして、自由にセグメントを設定できます。

チャットボット

チャットボット

FAQ(よくある質問)に自動応答するチャットボットを導入できます。ユーザは365日24時間いつでも手軽にLINEから疑問を解決できます。

リッチコンテンツ

リッチコンテンツ

複数の画像やメッセージを左右にスライドさせて表示するカルーセルや、リンク付きの画像を送るリッチメッセージを活用することで、ユーザに効果的に情報をアピールできます。

キーワード応答

キーワード応答

ユーザが入力する特定のキーワードに対して、テキストや画像、リッチメッセージ等で自動応答することができます。ユーザがキーワード入力する際の表記揺れに対応する機能もあります。

定期配信

定期配信

ごみ収集日の案内など、特定のサイクルで繰り返しメッセージを配信できます。配信除外日の設定も可能です。

開封率の取得

開封率の取得

ユーザに配信したメッセージの開封率を取得、分析することができます。一斉配信、セグメント配信を問わず開封率を取得でき、日別の開封状況を確認できます。

通報ソリューション

通報ソリューション

自治体向けに提供している機能で、住民が発見した道路や公園の不具合等の情報をLINEで受け付けることができます。通報シナリオに沿って、画像や位置情報、日付を取得できるため、通報の精度が向上します。

防災メール連携

防災メール連携

自治体向けに提供している機能で、自治体が発行する防災メールの内容をLINEでメッセージ配信できます。セグメント配信にも対応可能で、住民向けに防災・安全情報を迅速かつ正確に発信することができます。

きずなメール連携

きずなメール連携

自治体向けに提供している機能で、妊娠週数や子どもの月齢に合わせた子育て支援情報をLINEで継続配信できます。子育て家庭と行政、地域のつながりを強化することで、孤育て(孤独な子育て)を予防し、子どもや家族の安心を守ります。

きずなメール連携の詳細はこちら

予約ソリューション

予約機能

健診・相談・窓口来庁などの予約をLINEで受け付けることができます。予約日が近づくと、リマインドメッセージを自動で配信できます。予約のキャンセル対応も可能です。

予約ソリューションの詳細はこちら

KANAMETO TALK

コンタクトセンターのノウハウを活かした便利なチャット対応機能を提供
地方自治体様において、移住相談やいじめ相談などのSNSカウンセリングに活用されています

担当者の管理

担当者の管理

チャットトーク毎に担当職員を設定でき、担当者の変更も可能です。チャット内容や対応職員の生産性に応じて、職員1人あたりの同時対応数の上限を設定できます。

タグ付け管理

タグ付け管理

ユーザからの問い合わせ内容や対応状況に応じて、チャットトークやユーザにタグ付け管理ができます。ユーザタグを活用して、メッセージのセグメント配信も可能です。

過去ログの参照

過去ログの参照

チャット対応画面から、ユーザのアンケートの回答やチャットボットの選択内容を参照できます。
同一ユーザから過去に問合せがあった場合は、前回担当者やチャット履歴を確認できます。

チャット受付時間の設定

チャット受付時間の設定

チャット受付時間を設定でき、時間外にユーザから問い合わせが入った場合は、専用の応答メッセージを自動で返信します。時間外の自動応答ログが確認できます。

アウトバウンド

アウトバウンド

ユーザから来た問い合わせに対応するだけではなく、必要に応じて特定のユーザーとのトークルームを職員から作成し、チャットを開始することができます。

新着トークの流入制限

新着トークの流入制限

職員の対応可能数を超える問合せが入った場合は、混雑時メッセージを自動で返信することができます。

管理機能

LINE公式アカウント運営の実務を担う職員の皆様に使いやすい管理機能を提供

ロール設定

ロール設定

担当者ごとにシステムで操作できる機能を制限することができます。
1つのLINE公式アカウントを複数部署で同時運用する場合に便利です。

配信上限数の通知

配信上限数の通知

LINE公式アカウントの料金プランに応じたメッセージ配信上限数に近づくと、メールで通知します。
KANAMETOを経由していないメッセージ通数もカウントし、アラート通知を送ることができます。

ログイン履歴の確認

ログイン履歴の確認

ログインユーザのログイン履歴を確認でき、不正利用のチェックが可能です。